便秘がしばらく続いてしまうと、吐き気を伴う事もあるみたいです。 もし、便秘(長く続くと免疫力が落ちてしまうでしょう)と吐き気が同時に起こった場合は注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)した方が良いです。 便秘(場合によっては、排便できても残便感があったり、口から便臭がすることもあるでしょう)が吐き気を引き起こす原因は、次の2つです。 ・腸に食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)が入らない ・便秘薬の副作用 便秘がずっと続くということは、腸に食べた物が蓄積されているのにも関わらず、体外に排出できるからいないということです。 そうすると、腸に食べ物がこれ以上入らないというサインとして、吐き気を伴うこともあるみたいです。 また、便秘薬を服用している人は副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)の恐れもありますから、注意が必要ですね。 酸化マグネシウムを含んでいる便秘薬を服用時に、カルシウムも一緒に摂取すると、高マグネシウム血症になり、吐き気を起こす可能性があります。 その為に、便秘薬を飲んでいて吐き気を伴う場合は、薬の使用を中止してください。 主に、この2つが原因で吐き気を起こしてしまう事があるので、体の調子がおかしいと感じた場合には医師に相談するようにしましょう。 そして、便秘(女性に大腸がんが多いのは便秘が原因とも考えられているようです)と吐き気を同時に伴う場合は、始めのうちは便秘を改善するようにしてくださいー